ソーシャル・アントレとは

  ソーシャル・アントレプレナー Social Entrepreneur とは、日本語では「社会起業家」あるいは「社会的企業家」と呼ぶ人もいます。 活力のある・より良い地域社会を作っていくために、こういう存在や生き方がこれから一層必要とされるのではないかという認識が、心ある人たちの間に、徐々に広がっているようです。

 

どんな思いで活動しているか

 

 ・世の中のさまざまな課題に自分なりに取り組みたい

 ・ビジネス・事業としても、きちんとしたものにしたい

 ・人々や地域社会とのネットワークを大切にしたい

 ・その結果、少しは世の中が良くなり、同時に自分の生きがい

 ・働きがいも実現したい

 

 このように、京都ソーシャル・アントレプレナーネットワークでは「ソーシャル・アントレプレナー」を広く定義しています。

 

京都ソーシャル・アントレプレナー・ネットワーク(KSEN)とは

 日本でも「ソーシャル・アントレプレナー(社会起業家)」(以下「ソーシャル・アントレ」と略)という存在が注目されつつあります。 「ソーシャル・アントレ」こそが、これからの日本社会に新風を巻き起こす存在になるのではないかという認識のもと、まず京都からいきいきとした「ソーシャル・アントレ」のネットワークを生み出すための活動を行い、 具体的には以下のような活動内容を想定しています。

 

  1. 京都(に限らないが)を中心とした「ソーシャル・アントレ」のネットワークの構築
  2. 「ソーシャル・アントレ」の存在と意義についての理論および事例研究
  3. 「ソーシャル・アントレ」に対する人々の関心を高める啓蒙活動と人材の育成
  4. 「ソーシャル・アントレ」と深く関係する「ソーシャル・ベンチャー」や「社会企業(ソーシャル・エンタープライズ)」の理論・活動・評価基準の標準化・社会監査等についての研究と提言
  5. 内外を問わず、他の同様なネットワークとの連携
  6. 上記に関わる情報の発信やイベントの開催


詳細は「KSENについて」をご覧ください。

 

 

5周年活動報告書(ダウンロードでご覧頂けます)